温泉について|宮城県栗駒山と世界遺産「平泉」の秘話 秘湯の宿・新湯温泉 くりこま荘

温泉について

四季折々の栗駒の風情。
肌にも人にもやさしさが染み渡ります。

1720年に開湯され、栗駒五湯の中でも「幻の湯」とされてきた秘湯、「新湯温泉」が、くりこま荘によって甦り、「新湯温泉 くりこま荘」として再現。
源泉は裏掛コース登山口に位置し、昔から参拝登山者の疲れを癒したと知られる秘湯です。ほのかな硫黄の香りを漂わせながら、300年近い時を超え流れるお湯がひときわ体も心にもしみ渡ります。

泉質について

泉質
含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型) 低張性弱酸性低温泉
一般的適応症
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・ うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・ 疲労回復・健康増進
泉質別適応症
動脈硬化症・きりきず・やけど・糖尿病・慢性皮膚病・ 慢性婦人病・高血圧症

貸切風呂ご利用について

*5月より有料・予約制となりました。
 貸切風呂50分 2000円
 日帰り利用の方は別途入浴料お一人様500円がかかります。
*宿泊の場合栗原のおもてなしプランをご利用の方は無料で
 ご利用できます。

※露天風呂につきましては、天候によりご利用頂けない場合があります。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像